FC2ブログ
りんの調教日記
つい最近M奴隷とカミングアウトし巧様と出会い調教を始めて頂きました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巧様&M奴隷への一歩
掲示板への書き込み 奴隷への一歩

SMサイトへの書き込みをしたのは私 りん です
今まで願望のみで過ごしてきました。
以前交際していた恋人がイタズラをするのが好きな人で私とのSEXのときもチョッとしたイタズラ心で目隠しや言葉攻めなどをしていました。
目隠しをして窓を少し(多分ほとんど開いてない)開けた状態で「声出したら外に丸聞こえだから 頑張って堪えてね♪」なんて感じでした。
そんな彼に嫌がりながらも感じている。恐怖と期待に高揚し彼のストロークで上り詰められていく。そんな彼とも別れてしまいふつうのSEXをするも忘れられない高揚感。

忘れようとしてもSEXをすれば思い出し体の奥に残る熱さ。

巧様曰く。りんの体が、もうどうしようの無いところまできているんだよ。

実際その通りだった。SMサイトを閲覧してはため息をつき、「どうして私にはこんなことをしてくれる人がいないんだろう? どうしたらして貰えるんだろう」と考えていた。

ある日、決心してSMサイトの掲示板へ書き込んだ「虐めて欲しい」と。 返信には様々なものがあったくだらない中傷や誠実だが二の足を踏んでしまうハードなS様たちからのお誘い。 その中に巧様が居た。

最初はのめりこんだメールで命令され実行し高揚し、自分しか居ない家で一人で果てた。
でも、高揚感が過ぎ、鏡に映る自分のはしたなく淫らな姿を見て ハッとした。

このまま変態になっていくの? 怖い。。。。

とてつもない恐怖。今自分が持っている全てが足元から崩れるような圧倒的な恐怖だった。 でもそれを見てる人間も、「大丈夫だ」と抱きしめてくれる人間も、恐怖を頭から振り払ってくれる人間も居なかった。
そして巧様から逃げた。怖いとだけ告げて。Netの中だけの関係。 巧様にもどうすることも出来ない距離だったと思う。

2週間位だろうか? 悶々と過ごす日々、夜ベットにもぐれば思い出すのは巧様からの命令。
また頭を占領するのはあの高揚感。元彼と味わったような小さなものじゃない。巧様から貰った私にとってははじめての命令に従う高揚感。
「もうゴッコじゃだめ」と誰かに言われてる気がした。

そして巧様へ正直な気持ちともう一度最初から始めて貰うようにお願いした。
巧様は多分ちゃんと理解してくれててそうなるようにしてくれたのだと思う。 自然にそうなった。 素直になれば答えを出してもらえる。
そしてそれは安心感に繋がったのだと思う。

今まで数回巧様とお会いした。
恥ずかしくて恥ずかしくて、でもどうしようもないほど気持ちよかった。 そして何より優しかった。
怖がらせない様に、でも命令を聞くようにゆっくりと仕込まれていく。 甘美な時間。

今日はこのブログを作って初めてお会いする日。
今日は多分。。。写真を撮られる。 巧様はこのブログをやると決めてから写真の事を聞いてたもの;
はぁ。。。しかもガターベルト持参でおいでって; 確かに持ってるし、自慢じゃないが似合うと思う。 でもそれを公開するほど恥ずかしい事は無い。
しかも予想では淫らな姿にされ晒されるの。ココを使って世界中の人が見れるインターネット上に。。。。。

はぁ。。。どうしよう。。。。 恥ずかしいって頭は思ってるけど身体は熱くなる。。。 そして想像が過激化する。。。。

はしたなく淫らなアソコを晒す自分を。

この記事は巧様からの命令で書いてます。
どうか私の予想内でお願いします。 それ以上なんて考えただけで。。。。
頭が白くなりそうです。。。。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
M奴隷へ
このコメントはブログを初めて最初の逢瀬の夜。
りんのガーター姿を初めて見た。
自信があるというだけあってすごく似合っていたよ。

写真も撮ったが、公開するかどうかはこれから考えよう。

叩かれる刺激も段々と強くしていったから、感じるようなってきたね。

今も時々不安になる時があるだろう。だけど大丈夫だ。
これからも見守っていくよ。
2009/08/21(金) 00:21:50 | URL | 巧 #ym/FYMTQ[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。